beeベット

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

お問い合わせ お知らせ アクセス English (function () { var cx = '010240413222919086568:ccfm2b071ey'; var gcse = document.createElement('script'); gcse.type = 'text/Javascript'; gcse.async = true; gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(gcse, s); })(); --> 古典に親しむ 電子展示室国文研千年の旅立川の研究者たち古典に学ぶくずし字を読む古典籍画像を使う古典籍で遊ぼう!でじたる展示を観る 本・資料を探す 図書館 電子資料館 学術情報リポジトリ オープンデータセット 所蔵資料紹介 催し物 展示特設コーナー講演会講習会等研究集会 プロジェクト データ駆動による課題解決型人文学の創成プロジェクト 異分野融合による総合書物学の拡張的研究 ないじぇる芸術共創ラボ マレガ・プロジェクト 国文研の活動 研究活動 調査収集 国際事業 ぷらっとこくぶんけん 国文研について 館長あいさつ 国文学研究資料館概要 国文学研究資料館ダイバーシティ宣言 研究者一覧 国文研の取り組み 情報公開 出版物 賛助会 日本古典文学学術賞 アクセス お問い合わせ 採用情報 大学院教育 日本文学研究コースのご案内 入学案内 授業・時間割 学生支援 学位取得 特別共同利用研究員 大学支援「国文研でゼミを」 トップ 古典に親しむ 国文研千年の旅 『雀の夕顔絵巻貼付屏風』 古典に親しむ 電子展示室 国文研千年の旅 立川の研究者たち 古典に学ぶ くずし字を読む 古典籍画像を使う 古典籍で遊ぼう! でじたる展示を観る 「国文研 千年の旅」読売新聞多摩版 連載より 2020/1/21 『雀の夕顔絵巻貼付屏風』 (すずめのゆうがおえまきはりつけびょうぶ)  60歳ばかりの善良な老婆が、ある時、腰が折れた雀を見つけて介抱する。歩けるようになった雀を空に放つと、後日、雀はお礼に夕顔の種を一つ落としていった。育てると立派な実がなり、美味である。おまけに、乾燥させた実の中からたくさんの白米がでてきたのであった。 噂うわさは隣の里にも知れ渡る。それを聞いた隣の欲深な老婆は、真似まねをしようと、わざと石を打ち当てて雀の腰を折り、介抱した。雀は同じように夕顔の種を落としていったので、育て、実らせた。しかし、その実を食べた者は腹を下し、中からあふれ出た毛虫や蛇によって、欲深な老婆はおろか、その家の子ども達も刺し殺されてしまったという。 「されば、物うらやみはすまじきことなり」。『宇治拾遺物語』(13世紀前期成立)の第48話「雀報恩の事」は、このような文句で他人への妬みを戒める物語だ。国文学研究資料館(立川市)が所蔵する『雀の夕顔絵巻貼付屏風』八曲一隻は、この「雀報恩の事」を描いた絵巻が解体され、貼り付けられた屏風である。 近年、慶應義塾大学教授の石川透氏より寄託された。一部の本文は欠けているが、幸い絵の部分はほとんど残されている。実からこぼれ落ちる白米に歓喜する人々、毛虫に驚き逃げ惑う人々の姿が活写される。一つ一つの挿絵が長大な画面に描きだされ、詞書ことばがき(本文が書かれている部分)の料紙には銀泥で草木の下絵がちりばめられている。元は美しい絵巻として愛めでられていたのであろう。 欲深な老婆が育てた夕顔の実の中から、アブ、蜂、ムカデ、トカゲ、蛇があふれ出る    さて雀の恩返しといえば、おじいさんに大小の葛籠つづらを選ばせる「舌切り雀」を思い出す方も多いだろうが、本話は、それとは異なる昔話「腰折れ雀」として日本各地に伝えられてきた。近年の研究によれば、同じ話がアジア一帯に残されているという。韓国の昔話「フンブとノルブ」は兄と弟が主人公で、実を割ると、中から金銀財宝や大工が出てきて家を建てる。教科書にも掲載され、なじみのある話であったようだ。 「物うらやみ」は卑しき行為ではあるが、欲深な老婆にはそうせざるを得ないわけがあった。娘に言われてしまったのだ。隣のばあさんに比べて母さんときたら、「はかばかしき事もえし出いで給たまはぬ(たいしたこともできないじゃないの)」。娘に疎まれ、家族の役に立とうとした老婆の顛末てんまつは先の通りである。昔話は滑稽だが、ときに切ない人間模様を私たちにのぞかせる。 (特任助教・人文知コミュニケーター 粂汐里)   読売新聞多摩版2020年1月8日掲載記事より この記事をシェアする 前の記事 丹緑本『曾我物語』 次の記事 『好色一代男』 2024/4/23古歌の心 江戸期に再び(多摩の横山 下)(たまのよこやま)  京王相模原線若葉台駅にほど近い丘の… 2024/4/23多摩の横山 上(たまのよこやま)  赤駒を山野(やまの)にはがし捕(と… 2024/3/18定家卿書式 三藐院殿臨書(ていかきょうしょしき さんみゃくいんどのりんしょ) 「を… ページトップ 古典に親しむ 電子展示室 国文研千年の旅 立川の研究者たち 古典に学ぶ くずし字を読む 古典籍画像を使う 古典籍で遊ぼう! でじたる展示を観る 本・資料を探す 図書館 電子資料館 学術情報リポジトリ オープンデータセット 所蔵資料紹介 催し物 展示特設コーナー講演会講習会等研究集会 プロジェクト データ駆動による課題解決型人文学の創成 ないじぇる芸術共創ラボ マレガ・プロジェクト 異分野融合による総合書物学の拡張的研究 国文研の活動 研究活動 調査収集 国際事業 ぷらっとこくぶんけん 国文研について 館長あいさつ 国文学研究資料館概要 国文学研究資料館ダイバーシティ宣言 研究者一覧 国文研の取り組み 情報公開 出版物 賛助会 日本古典文学学術賞 アクセス お問い合わせ 採用情報 大学院教育 日本文学研究専攻のご案内 入学案内 授業・時間割 学生支援 学位取得 特別共同利用研究員 大学支援「国文研でゼミを」 当サイトについて(サイトポリシー) 更新情報 関連リンク集 館内専用 About 国文学研究資料館〒190-0014 東京都立川市緑町10-3(Google Map)電話:050-5533-2900 (IP電話 代表) Copyright © National Institute of Japanese Literature All Rights Reserved.

ブックメーカーボクシング スポーツベットアイオー競馬 プレイワールドカジノの入金不要ボーナス50ドル!賭け条件や ... プレイワールドカジノの入金不要ボーナス50ドル!賭け条件や ...
Copyright ©beeベット The Paper All rights reserved.